ホーム > 日記 > 低用量ピルはこれから必須になるかも

低用量ピルはこれから必須になるかも

日本での低用量ピルを使用する一番の理由は、自分自身の意思で、女性が妊娠をコントロールするためなのだそうです。これは医学的にも裏付けられていて、きちんと服用すれば、ほぼ100%避妊できることが知られています。安全・確実という事に加えて、身体への負担が比較的少ないことも、人気の高さの秘密でしょう。

 

海外では避妊手段としてピルが一般的です。国や地域による違いはありますが、コンドームと併用し、男性・女性の双方が、避妊への理解をもつことが大事、ということなのでしょう。

 

■低用量ピルの副作用

女性の中には低用量ピルを用いると、身体に副作用を生じることがある。しかし、今は大部分が安心できると言われている。ピルを飲んだら太るのではないかと言われているが、低用量ではほとんどの人は心配はない。また、血栓症や心筋梗塞等の重大な副作用も大幅に減っている。

 

子宮頸癌に至ってはワクチンや定期検診を受ければ、大部分、大丈夫なのである。その他、乳房が痛んだり、不正出血が起きたりするが、2~3週間でよくなってくる。

 

低用量ピルの種類はいくつかありますが、日本でもっともポピュラーなのはトリキュラーでしょう。日本の病院でも処方されるのはこれが多いようです。ちなみにトリキュラーは通販でも購入可能です。

 

通販で購入して利用する場合、正しい用法用量を守って使用ましょう。


関連記事

体にガタがきたのでハウスクリーニングのクリーンクルーへ
年を取ると体の節々にガタがくるのを実感しています。四十肩なんて自分とは無縁のもの...
フィスバカーテンであのブームは終焉するかも
世間はDIYブームですが、あれもいつか落ち着くのではないかと踏んでいます。上手な...
低用量ピルはこれから必須になるかも
日本での低用量ピルを使用する一番の理由は、自分自身の意思で、女性が妊娠をコントロ...