ホーム > 現金化 > 貸金業法の総量規制と現金化

貸金業法の総量規制と現金化

2010年6月18日より規定が施行された貸金業法の総量規制により個人での借入可能な金額が年収の三分の一までと定められました。

 

総量規制以前には各会社が定める審査基準により貸付金額の制限を決めていたため、

消費者金融やカードローンなどを使い収入以上の借入を行うことも可能でした。

 

その結果、多重債務などにより自己破産などに陥る消費者が増えたため消費者を守る法として施行されたのが貸金業法の総量規制です。

 

しかし実際には

借入することでしか多額の現金を手にすることのできない人達は施行以前のように借入することが困難になってしまい、

ぎりぎりの生活環境の中で突発的に起こる入用の際に現金を用立てることができない実情を作ってしまったのです。

その様な背景から急激に業者数が増えたシステムがクレジットカード現金化です!

クレジットカード現金化とは通常、買い物や食事代金などの支払いとして使用するショッピング枠を利用して現金を手にする方法です。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制の範囲外のため利用額は年収の三分の一などの規制はありません。

そのため総量規制のため借り入れが出来なくなった人達から現金を手にする最後の手段として広まったのがクレジットカード現金化です。

しかし多くの利用者がいる中でその利用社を食い物にする悪徳業者も出てきたことにより社会問題ともなり

現状ではグレーゾーンの方法として認識されています。

実際、悪徳と言う表現でしか例えられない業者もいくつか存在していましたが社会問題になるにつれいわゆる犯罪行為を犯す業者は逮捕され、

今ではいわゆる詐欺行為や犯罪行為と断定される方法での営業を行う業者はほとんど存在しない状況では有るようです。

 

しかし

業界の特性上、営業方針やサービス面は業者によって大きな差があり、申込業者を間違えてしまうと痛い思いをすることもあり、

クレジットカード現金化を行う場合の業者選びには信頼できる情報の中から最善の業者を選び出すことが大事となります。

参考サイト:ネオギフト口コミ


タグ :

関連記事

キャッシングカード現金化|ほとんど聞いたことがない消費者金融業者だと...。
金利が安い金融会社に貸付を頼みたいとの思いがあるなら、これからご案内する消費者金...
貸金業法の総量規制と現金化
2010年6月18日より規定が施行された貸金業法の総量規制により個人での借入可能...